ドラマ

朝ドラ「エール」放送再開!高校球児役伊藤あさひは野球ができるの?

いよいよ待ちに待った朝ドラ「エール」の再放送が9月14日(月)から始まります。

そして、その後半戦では新キャストが登場しますが、その中でも注目を浴びているのが、イケメン俳優伊藤あさひです。

はじめての朝ドラ出演になり、今回は竹中渉の役で、甲子園出場を目指す高校球児役として登場します。

高校球児役ということは、きっと野球をしているシーンが登場すると想像されますが、伊藤あさひは、果たして野球ができるのかが気になりますね。

そこで、高校球児役が伊藤あさひにとって、はまり役なのかどうかチェックしてきましょう!

伊藤あさひは果たして野球ができるのか?

ルパンレッド 伊藤あさひ

伊藤あさひといえば、ルパンレッドですね。

特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」に出演し、夜野魁利役として、素晴らしいアクションでの身のこなしを見せてくれたので、運動神経は抜群なのは間違いないです。

では、野球経験はというと、野球好きの父親の影響で小学校2年生から野球チームに入って、父親の転勤で千葉県、和歌山県、東京都と転校を繰り返したが、それぞれに地域で少年野球チームに所属をしたそうです。

そして、小学校6年生の時には4番バッターをまかされていたようで、走攻守の中でも打つことが好きだったそうです。

ポジションはピッチャー、センター、セカンドを経験していたということで、投げれて、内野も外野も守れる選手ということは、相当の野球が上手ということが言えると思います。

高校球児役は伊藤あさひにとってはまり役

伊藤あさひ

今でも、マイグローブを持っていて、キャッチボールをしたり、ピッチャーの動画を見て投げ方の研究をするほどの野球好きなんです。

その中でも、高校野球が大好きで、小学生のころから夏に少年野球の練習が終わると、午後から高校野球を見るのが楽しみだったそうです。

そして、高校野球ならではの一生懸命さや、負けたら夏が終わるという一瞬にかける思いなどに魅力を感じているということなので、きっと今回の「エール」での役作りに生きてくるのではないかと思います。

野球と応援歌

野球に欠かせないのが、応援ですね。

「エール」では、早稲田大学第一応援歌の「紺碧の空」を主人公の裕一が作曲するシーンがすでに放映されていますが、高校野球の行進曲として「栄冠は君に輝く」も裕一の作曲した曲になります。

伊藤あさひ本人も、この2曲は毎日聞きながら生活しているそうですよ。

「エール」と野球は深いかかわりがあり、そこに伊藤あさひが抜擢されたのは、本人にとってもうれしいことだと思います。

まとめ

野球好きの伊藤あさひにとって、今回の役は願ってもない役まわりですね。

ただでさえイケメンなのに、それに野球が上手ときたら最高にかっこいい映像が、朝から見れると思うと出演する日が待ち遠しくなりますね。

いよいよ9月14日(月)から放送再開します。

昭和の激動の時代に、戦後再開された全国高校野球選手権大会で甲子園を目指している高校球児の姿を伊藤あさひが立派に演じてくれることでしょう。