スポーツ

早川隆久イケメンのドラ1候補!成績や球種と変化球の威力は?

10月26日(月)にプロ野球ドラフト会議 が行われます。

そこで、ドラフト1位候補として名前が挙がっている、早稲田大学の早川隆久(はやかわ たかひさ)選手に注目が集まっています。

早川隆久選手は、野球センス抜群の上、イケメンぶりが半端ではなく、多くの女性ファンの心をつかんでいるところも、早川隆久選手の大きな魅力です。

また、ピッチャーとして、ドラフト1位候補の実力で気になるのが、成績や球種と変化球の威力ですよね。

そこで今回まとめた内容は

早川隆久のイケメン画像

成績や球種と変化球の威力は?

早川隆久のイケメン画像

高校時代は、木更津総合高校で、千葉県代表として、2年生の春、3年生の春と夏と3回甲子園のマウンドを踏んでいます。

甲子園での最高成績は、ベスト8。

また、18歳以下の野球日本代表に選ばれ、アジア選手権にも出場しています。

卒業式後かな?青春の1ページといった感じですね。笑顔が最高!

大学に入り、髪型もオシャレになりましたね。

伝統ある早稲田大学の主将としての責任感がこの表情に表れていますね。

この爽やかさ!笑顔がたまらないですね。

ピッチャーなので、投げている姿はもちろんカッコいいですが、バッター姿もきまっています。

成績や球種と変化球の威力は?

早稲田大学 投手成績

  試合 打者 安打 本塁打 四死球 三振 防御率
2017年春季リーグ戦 8 86 22 2 6 28 5.12
2017年秋季リーグ戦 7 35 8 1 2 8 6.00
2018年春季リーグ戦 4 65 15 3 6 19 4.80
2018年秋季リーグ戦 8 67 12 1 7 25 1.27
2019年春季リーグ戦 8 213 46 2 13 49 2.09
2019年秋季リーグ戦 9 185 39 3 10 53 3.00
2020年春季リーグ戦 2 64 11 2 1 19 2.12
2020年秋季リーグ戦 2 60 6 0 1 30 0,50
   合 計 48 775 159 14 46 231 2.83

最大の武器は三振がとれるストレート

1年生の春からベンチ入りし、しっかり登板もしています。

サウスポーから繰り出される150キロを超える速球と、高い制球力があり、ストレートは最速155km/hで、球速よりも速く感じていそうです。

4年間の成績を数字で見た時に際立って目立つのが、三振の量ですね。

この3年間で手に入れた“武器”とは?と質問され、「三振を取りたい場面で取れる。その中でもまっすぐで空振りを取れる。それを可能にするボールのキレ、伸びが自分の売りだと思います」とコメントしています。

変化球の威力は?

高校時代は、速球、スライダー、チェンジアップの3球種をメインで投げていましたが、東京六大学では、通用しないと思って球種を増やしたそうです。

それにより、ストレート、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップも投げ分けられるようになりました。

それだけではなく、同じ球種の中でも、カウントをとりにいく球、決め球として投げる球というように使い分けができるように練習しているそうです。

きっと、この変化球があるから、逆にストレートが威力を発揮してくることでしょう。

まとめ

左の速球派ピッチャーは、プロの世界でもそう多くは存在しないので、貴重な戦力になるのではないかと期待が膨らみます。

イケメンでありながら、キャプテンシーもあり、そしてピッチャーとして三振がとれる選手として、ドラフトでも注目の的となることでしょう。

さて、どこの球団が指名をし、どの球団に決まるのかを楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。