芸能

ミス東大上田彩瑛の母親が凄い!東大受験の塾や勉強法は?

現役東大生の上田彩瑛さんが、テレビ番組や、子育て雑誌、さらにはファッション界などで、大活躍しています。

上田彩瑛さんは、東京大学ミス東大2019グランプリに輝く美貌と、東京大学の中でも最難関の理科3類に現役合格している秀才です。

そこで気になるのは、才色兼備の上田彩瑛さんを育てた母親はどんな人?ということですね。

そして、東大に現役合格するためにどこの祷に通っていたか?と、どんな勉強法をしていたのか?です。

そこで今回の内容は

上田彩瑛の母親が凄い!

東大受験の塾や勉強法は?

上田彩瑛の母親が凄い!

東大の現役合格、ミス東大グランプリの上田彩瑛さんを育てた母親は、実は中学高校の英語の先生をしています。

それもあって、上田彩瑛さんが生まれた時からずっと英語で話かけていました。

そうすることで、物心ついたときに何語を話す子どもになるのか興味があったそうです。

また、0歳からパズルを遊び道具として与え、知育を始めていたそうです。

生まれて8か月目には、パズルを完成させることができたそうです。

更に母親の驚くべきことは、上田彩瑛さんが小学校4年生のときに、勉強をするため大学院に入ったそうです。

そして、リビングのコタツで母親が勉強する姿をみてきたので、上田彩瑛さんも勉強することに抵抗が全くなかったということです。

母親恐るべし!

東大受験の塾や勉強法は?

上田彩瑛の通っていた塾は?

「今でしょ!」でおなじみの林修先生の『東進ハイスクール』と、「東大受験指導専門塾」としてとても有名な『鉄緑会』に通っていました。

『東進ハイスクール』は期間限定で、実際に林修先生に指導してもらっていたことを、テレビ番組の中で語っています。

『鉄緑会』へは、高校1年生から通い、高校2年生の時に東大合格を目指して本格始動したそうです。

東大を目指そうと思ったきっかけにストーリーがあるんです。

高校1年生の時に、インフルエンザの予防接種をしたときに倒れてしまい、なぜ倒れてしまったのかという疑問と、体の仕組みに興味がわき、お医者さんになりたいと思ったそうです。

東大は、1,2年生の前期課程で教養も学べ、大好きな数学も学び続けることができることから、東大理科3類を選びました。

上田彩瑛の勉強法は?

「自習のススメ」というライヴTVで、暗記のコツは「かたまりで関連付けて覚える」ことだそうです。おススメの参考書も紹介してくれていますね。

まとめ

今回ご紹介してきた以外の一面としては、所属するサークルがジャズダンスサークル・FreeD
鉄門水泳部・帝虎会の3つです。

踊ることや、泳ぐことが好きだったり、さすが関西出身!阪神タイガースファンなんですね。

ちなみにミス東大のコンテストの時には、ゆりやんレトリィバァさんの物まねや、TWICEのダンスを披露しました。

アイドルとしての素質を感じますが、上田彩瑛さんには医者になる目標を達成してもらいたいです。

歌って、踊れて、ギャグもできる医者になりそうですね。

今後の益々の活躍を期待します!

最後まで、お読みいただきありがとうございます。