ニュース

名バイプレーヤー もたいまさこさん、静かなる引退生活とは? こんにちは、皆さん。

名バイプレーヤー もたいまさこさん、静かなる引退生活とは?

もたいまさこ

こんにちは、皆さん。今日は、日本の芸能界で長らく愛されてきた個性派女優、もたいまさこさんについてお話しします。

東京・渋谷出身のもたいまさこさん(本名:罇真佐子)は今年71歳です。彼女は実践学園中学・高校を卒業後、舞台芸術学院へ進学。その後1972年に劇団『劇団3〇〇(さんじゅうまる)』を結成し1986年まで活躍していました。

CM出演と流行語大賞

1986年には『金鳥 タンスにゴン』のCMで「亭主元気で留守がいい」というフレーズが一斉を風靡し、一躍有名になりました。このフレーズは流行語大賞で銅賞を受賞しています。

人気ドラマシリーズと共演

その後、三谷幸喜氏脚本のコメディドラマ『やっぱり猫が好き』(1988~2007年放送)では、小林聡美さんや室井滋さんと共演。このドラマがヒットしたことで、更に知名度と人気が上昇しました。

やっぱり猫が好き出演の小林聡美・室井滋・もたいまさこ

芸能活動休止の理由

しかしながら、NEWSポストセブンによれば、もたいまさこさんは3年前から芸能活動をひっそりと休止しているとのことです。「数年前から『もう仕事はしたくない』と周囲に話していたそうです」と映画関係者は語っています。また、「体が動かなくなった」と本人がおっしゃっていることから、多くのオファーを断っているそうです。

親しい知人によれば、「老後は南の島に家を建ててのんびり暮らしたい」という夢を抱いていたものの、現在は都内マンションで自由気ままな生活を送っているようです。ただし激ヤセした姿が目撃されたとの報告もあり心配されています。

NEWSポストセブン撮影近影

最後に出演した作品は、小林聡美主演ドラマ『ペンションメッツア』(WOWOW)でした。この作品では「森の人」役として遠くから見守る存在だったためセリフなしでした。そしてそれ以降、新しい仕事への意欲や次回作への出演予定などのお知らせはありません。

小林聡美さんも「わたしは近寄らないわよ」というオーラ満点だった現場エピソードなど振り返っています。


今回の記事を書いていて感じたことですが、とても寂しく思います。ただ健康面でも大病という情報はいないため、その点だけでも安心できますね。これからも穏やかな生活を送りつつ、自分自身楽しむ時間を持ってほしいと思います。我々ファンとして引き続き応援しています!

あなた達のお気持ち、お待ちしております!コメント欄で教えてくださいね。それではまた次回、お楽しみに。