占い

【星ひとみ天星表2021】 下弦の月タイプの相性や結婚と恋愛運は?仕事運についても

星ひとみさんは、人気占い番組「突然ですが占ってもいいですか」にレギュラー出演しており、多くの芸能人を占ってバツグンの的中率を誇り、「当たっている!」と評判になっています。

星ひとみさんの占いは天星術占いといい、誕生日から導き出す全12種類の天星タイプから性格、考え方、恋愛傾向、さらに運勢バイオリズムまではっきりとわかる占いです。

そこで今回は、【星ひとみ天星表2021】と題して、12種類の天星タイプから『上弦の月タイプ』について調べてみました!

まとめた内容はこちらです!

・下弦の月タイプの相性

・下弦の月タイプの結婚運

・下弦の月タイプの恋愛運

・下弦の月タイプの仕事運

この記事を読むことで、【星ひとみ天星表2021】『下弦の月タイプ』の占い内容がよくわかります。

天星タイプを調べよう!

天星術を始めるためには、初めに自分が「12天星」のどの天星タイプなのかを調べる必要があります。

それでは早速、星ひとみさん公式の自動計算表に生年月日を打ち込むだけで、「天星タイプ」と「天星ナンバー」が一発簡単に導き出せれます!

こちらをクリックして、確認をしてください。




【星ひとみ天星表2021】下弦の月タイプと相性のいい天星

下弦の月タイプと相性のいい天星は、次の3つの天星になります。

<深夜タイプ>

関わることで成長できる相手です。

アドバイスをもらったら、信じて実行してみることが相性を生かすポイント。

 

<大陸タイプ>

充実した時間を共有できる相性です。

相手からたくさんの刺激をもらって、大きく成長する自分を感じられるでしょう。

 

<山脈タイプ>

運気を上げてくれる相手です。

誉めたり感謝を伝えることで良好な関係を維持できます。冗談が伝わらないことがあるので注意を。

 




【星ひとみ天星表2021】下弦の月タイプの結婚運

結婚に対してはクールなスタンスを持っています。

素直に話し合える相手と結婚することで上昇する天星です。

 

何でも素直に話し合えて、意志や時間を大切にしてくれる相手と結婚すると良いでしょう。

ただし、何でも話せるからといって、相手の気持ちを無視すると、ケンカの原因になってしまうので注意が必要です。

優柔不断なため、授かり婚も視野に入れると良いです。

結婚して子供を持てば大きく変わる天星ですが、あまり早く結婚し過ぎると、離婚の可能性もあるので注意が必要です。

天星術「下弦の月」の婚期

・2023年:決断の年(決星)

・2025年:モテ期(天星)

・2028年:結婚運(金星)

2023年に「決断」と出ており、それ以降は2025年、2028年が結婚に適している時期です。




【星ひとみ天星表2021】下弦の月タイプの恋愛運

2021年は「モテ期」が到来し、楽しい一年になるでしょう。

2018年から2019年が「試練」の時期でしたが、2020年から12年間の幸運期に入っています。

人の話を聞かないと運気を落としてしまうので、周囲の意見はしっかりと聞きましょう。

恋愛傾向としては恋に落ちやすいタイプなので、自分でも気づかないうちに浮気や不倫をしてしまう危険性もあります。

ただ、真面目な恋愛も出来るタイプです。

甘い誘惑に負けないように気をつけましょう。

「下弦の月タイプ」の恋愛相性

・大陸タイプ:癒してくれる

・真昼タイプ:一緒にいると明るくなれる

・下弦の月タイプ:考え方が似ている

下弦の月タイプは、同じ月グループの「下弦の月タイプ」や地球グループの「大陸タイプ」、太陽グループの「真昼タイプ」が良い相性です。

優しく包み込んでくれる「大陸タイプ」、一緒にいると明るくなれる「真昼タイプ」、考え方が似ている「下弦の月タイプ」となら、素敵な時間を過ごせるはずです。




【星ひとみ天星表2021】下弦の月タイプの仕事運

勘違いや軽率な行動からミスをしてしまいがちです。

データを間違って消してしまう前に、小まめにバックアップをとっておきましょう。

人間関係のすれ違いから立場が悪化してしまいそうです。

その場しのぎではなく、約束やルールを守るようにすると不運を回避できます。




まとめ

今回は、【星ひとみ天星表2021】『下弦の月タイプ』の相性、結婚運、恋愛運、仕事運についてお伝えしてきました。

星ひとみさんの占いが、あなたにとって心の支えになることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。