東京2020大会

平野歩夢の愛車はJeep?スポンサーはどこで年収がやばい!

平野歩夢さんは、2021年7月1日に東京オリンピックのスケートボード日本代表に内定し、夏冬両方のオリンピック出場を達成したことで、注目を集めています。

平野歩夢さんは、スポーツ選手としてもずば抜けたセンスの持ち主ですが、なによりイケメン過ぎるスポーツ選手として女性ファンのみならず、そのカッコよさが男性のあこがれにもなっています。

特に、ボードに乗っている姿もかっこいいけど、車に乗る姿がかっこよすぎると話題になっています。

そこで、平野歩夢さんの愛車を調べたところ、『Jeep』に乗っていることがわかりました!

また、気になる年収とスポンサーについても調査したので紹介します。

そこで今回まとめた内容はこちらです。

・平野歩夢の愛車はJeep?

・スポンサーはどこで年収がやばい!

この記事を読むことで、平野歩夢さんの愛車やスポンサー、そして年収についてわかります!




平野歩夢の愛車はJeep?

スケートボードやスノーボードに乗る姿が素敵な平野歩夢さんですが、どんな車に乗っているのか気になって調査しました。

結論からいうと、平野歩夢さんの愛車は「Jeepラングラー」と想定されます。

なぜかというと、平野歩夢さんのファンが、自分と同じ車に乗っている知って感激してコメントしていたことから、このファンが乗っている「Jeepラングラー」が平野歩夢さんの愛車だと思われます。

Jeep公式ホームページより引用

平野歩夢さんの愛車の「Jeepラングラー」は、街乗りにも、雪山にも似合う車で、4WDで多くの荷物も積めるので、練習や試合に移動の際にも重宝する車ではないでしょうか!!

運転する姿がかっこよすぎる!

2021年7月1日に自身のインスタグラムを更新し、車に乗っている画像を公開しましたが、「かっこよすぎる」「隣に乗せてほしい」「イケメンぶりがヤバイ」など大きな反響がありました!

その画像がこれ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿

この画像は、平野歩夢さんのスポンサーであるタイヤブランド「FALKEN」の新しいムービー作成時のワンショットです。

そしてそのムービーがこれ!

コメント欄を見ると「かっこいい~」と多くのコメントが入っています。

また、どうやら 平野歩夢さんの地元の新潟県村上市で撮影された画像のようですね。

また、画像の一部で車を運転するシーンが出てきましたが、運転している車のハンドルの中心についているロゴを見てください!

FALKEN ファルケン公式インスタより引用

「Jeep」のエンブレムがついているのが確認でします。

きっと、ご自身の車を運転しているシーンではないかと思われます。

そうなると、平野歩夢さんの愛車は「Jeep」であることは間違いないようです。




平野歩夢のスポンサーはどこで年収がやばい!

平野歩夢さんのスポンサー契約は、2021年7月現在で9社となります。

①BURTON

②ビーツ・エレクトロニクス社

③FALKEN TYRES

④OAKLEY

⑤Monster Energy

⑥NIKE

⑦木下グループ

⑧ユニクロ

⑨TOKIOインカラミ

 

平野歩夢さんは、東京オリンピック直前の2021年7月1日より、日本を代表するプロフェッショナルヘアコスメティックスのメーカー「TOKIOインカラミ」と所属契約を締結させました。

 

「このコロナ禍において、TOKIOインカラミさんからのサポートをいただけることに感謝し、その期待に応えられるよう、さらに上を目指していきたいと思います。」  平野歩夢

PR TIMESより引用

 

 

これによりスポンサーは9社となっています。

ユニクロ、NIKE、Monster Energyの大手企業と契約できるということは、世界でも一流と証明されていることとなり、もちろん契約金も大きなお金が動いていることでしょう。

そこで、気になるのは平野歩夢さんの年収です。

大会賞金とスポンサー契約金、CM出演料を合わせたのが、平野歩夢さんの年俸になりますが、ざっと2億円と言われています。

東京2020大会で、スケートボードでの活躍次第では、もっと年収が増える可能性はい大いにあるのではないかと思います。

 

まとめ

「平野歩夢の愛車はJeep?スポンサーはどこで年収がやばい!」と題して書いてきました。

平野歩夢の愛車は、やはりJeepで間違いなかったです。

そしてスポンサーは9社で年収は約2億円と想定されます。

夏のスケートボード、冬のスノーボードと2刀流でのますますの活躍を楽しみにしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。