占い

【星ひとみ天星表2021】 上弦の月タイプの相性や結婚と恋愛運は?仕事運についても

星ひとみさんは、人気占い番組「突然ですが占ってもいいですか」にレギュラー出演しており、多くの芸能人を占ってバツグンの的中率を誇り、「当たっている!」と評判になっています。

星ひとみさんの占いは天星術占いといい、誕生日から導き出す全12種類の天星タイプから性格、考え方、恋愛傾向、さらに運勢バイオリズムまではっきりとわかる占いです。

そこで今回は、【星ひとみ天星表2021】と題して、12種類の天星タイプから上弦の月タイプ』について調べてみました!

まとめた内容はこちらです!

上弦の月タイプの相性

上弦の月タイプの結婚運

上弦の月タイプの恋愛運

上弦の月タイプの仕事運

この記事を読むことで、【星ひとみ天星表2021】『上弦の月タイプ』の占い内容がよくわかります。

天星タイプを調べよう!

天星術を始めるためには、初めに自分が「12天星」のどの天星タイプなのかを調べる必要があります。

それでは早速、星ひとみさん公式の自動計算表に生年月日を打ち込むだけで、「天星タイプ」と「天星ナンバー」が一発簡単に導き出せれます!

こちらをクリックして、確認をしてください。




【星ひとみ天星表2021】上弦の月タイプと相性のいい天星

上弦の月タイプと相性のいい天星は、次の3つの天星になります。

<満月タイプ>

お願いすれば快く協力してくれるなど、後押ししてくれる相手です。

どんなときも、決して疑わず、信頼することが大切ですね。

 

<大陸タイプ>

頼りにしたくなりますし、刺激をもらえる相性でもあります。

ファッションやアートなどの話は特に盛り上がるはずです。

 

<上弦の月タイプ>

友達として楽しく付き合えるふたりです。

お互いのワガママに「気持ちは理解できる」と思い、許し合えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

星ひとみ(@hoshi_hitomi722)がシェアした投稿




【星ひとみ天星表2021】上弦の月タイプの結婚運

大人になりきれないと結婚運は遠のきます。

良い運気の中にいても「決断」が出来ないため、チャンスを逃してしまいがちです。

焦って結婚すると失敗しやすいですが、心に決めた相手が見つかったなら、一歩踏み出す勇気を持つことが大事でしょう。

天星術「上弦の月」の婚期

・2021年:決断の年(決星)

・2023年:モテ期(天星)

・2026年:結婚運(金星)

2021年に「決断」と出ており、ここを逃すと2023年、2026年が結婚に適している時期です。

特に2026年は、運気が最高潮となるので、必ずチャンスが舞い込んできます!




【星ひとみ天星表2021】上弦の月タイプの恋愛運

恋愛は「悲しい別れ」がある暗示ですが、それは不要な縁だと思って、気持ちを切り替えていくと良いでしょう。

お互いに無理している関係でなければ、結婚や将来に向けて展開がありそうです。

出会いを求めている人は、リラクゼーションやマッサージ、エステで自分磨きをすると良いでしょう。

パワースポット、温泉、ひとり旅で、エナジーチャージをすると、前向きな気持ちになって、自然と人と会う機会が増えていくでしょう。

天星術「上弦の月タイプ」の恋愛相性

・満月タイプ:癒してくれる

・大陸タイプ:良い刺激をくれる

上弦の月タイプは、同じ月グループの「満月タイプ」や地球グループの「大陸タイプ」が良い相性です。

自分を癒してくれる「満月タイプ」、良い刺激をくれる「大陸タイプ」とは、深い関係になりやすい傾向があります。




【星ひとみ天星表2021】上弦の月タイプの仕事運

自分に合った職業を選ぶと良いでしょう。

長く続けていて「転職」を考えているなら、選択を間違わないように気をつけましょう。

出世や昇格で、他人に厳しくなる傾向があります。

日頃から言葉づかい、ふるまいに気をつけることが大事でしょう。




まとめ

今回は、【星ひとみ天星表2021】『上弦の月タイプ』の相性、結婚運、恋愛運、仕事運についてお伝えしてきました。

星ひとみさんの占いが、あなたにとって心の支えになることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。